スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
夏が終わろうとしていますね
2017-08-27 Sun 16:23

前に日記書いてから、さ、三ヶ月……
旅行行ったあれこれ書く予定だったけども。最早なにがなにやら覚えていない始末です。
なんかあれからも色々行ったよ☆


しかし6月以降は暑すぎて家から出てません。
今月なんて暑さに負けて、会社でぶっ倒れましたからね。いやビックリした。
朝からダルイなー、頭フラフラするなーって思ったら会社着いた途端に力尽きた。

強制的に家に帰されて、思いがけず連休を手に入れた裕は、絶対安静という大義名分をもとに、ずっとゲームしてました。
ドラクエしてました。あとアニメ観てました。

ドラクエいいよね! ほんと面白い!
5と8に続いて、三作目のプレイですが、今回が一番ハマってます。
もうそろそろ1回目のプレイが終わりそうかなーって所です。
ザコですらたまに死にそうになるくら戦闘が面倒だし、レベル上げしんどいしお金貯まらないし。
ボス戦なんてもうホント毎回ギリギリ。だってあいつら1ターンに2回攻撃するし、やたら状態異常してきやがるしで腹立つ。
けど楽しい。ストーリー大好き。超のつく王道展開だけど、たまに、え!?ってことになったり、ユグノアの過去は泣ける。
そして今ちょっと信じられない展開に心臓が痛くて仕方ない。まさかあんなことになるなんて。
クリア後にまだなにかしらあるようなので、まだ暫く楽しめそう。

アニメはちょっと前から、1回見た事のあるものを再度見直すというのにハマってます。
初見はやっぱ、ストーリー追いかけるのにいっぱいいっぱいで、色々と見落としてるんですよね。
2度目ともなれば、大まかな流れは分かってるから、前に気付けなかった事や、サブキャラにまでちゃんと観れる。

というわけで鋼錬
泣けたねー。お父さんよお父さん。
ちょいちょい出て来ては、大物感すごくってね。これは最後にやらかしてくれるぜ!って思ってたら、ほんとすごかった。
瞬殺でラスボスに捕まってるぅぅぅ!戦う前から敵に取り込まれちゃってるぅぅ!!
結局息子たちが死に物狂いで頑張ってくれてたね。
そのくせ、ラストで良い事言って終わったお父さんでした。
一番感動したのは、第57話の永遠の暇ですね。あれは泣ける。

次はまどマギ
DAIGOさん夫婦が二人で号泣したって話を聞いて。
初見では、マミでおおぅ!ってなって、そんくらいしか覚えてなかったけど、ちゃんと観たら、あの、赤い髪の女の子すごいいい子だった好き。「願いってのは徹頭徹尾自分の為じゃなきゃならねぇ!」ってな事言ってたのがカッコいいよね。ほむらちゃんの友愛に泣かされました。
わたしのさいこうのともだち!

次が新世界より
好きですね。やっぱこの世界設定めちゃくちゃ好きです。
この話は人間が人間らし過ぎて、最後までモヤモヤするけどね。
見た目とか能力とか、自分達と違った者に対する偏見と差別と、容赦のなさ。そして自分達こそが上位であると信じて疑わない傲慢さ。
そんな世界で、主人公だけはちょっと違う…みたいな風に書かれてるけど、裕は主人公も大して変わらないんじゃないかなって思った。
あの子、かなり自分本位だよ。裕はマジで何回も「はぁ!?」ってなった。
あと、思春期特有の同性愛もあるけど、なんとなく「うーん…」て感じでした。
けど、ストーリー自体は好きです。
村が襲われてからラストの怒涛の展開はグッときます。

あとはキルラキル
面白かったー。鮮血がカッコいい。
「セーラー服は卒業するものだ」が泣かせますねぇ。
OPは1期、2期ともに今エンドレスで聞いてる。

暁のヨナ
裕の大河好きをこれでもかと燻ってくれる作品。
原作も大好きです。
これね、6話。6話ちょーおススメ。これ見て欲しい。
岩場でハクの乱闘シーンがあるんですが、その作画が神です。
動きが実写? ってくらいリアル。
毒のせいで剣の重さに身体がついていってなくって、ちょっと振り回されてるトコとかね。このシーンだけ何度も見た。
ストーリーも良いよ!ヨナがめきめき逞しくなってゆく。

他にも見たと思うけどもう思い出せない。
あと映画もいっぱい見た!でももう(略)

あ、映画館にも行ったね!一人映画館をこの歳になってやっとクリアしました。最近の映画館のシステムが分らずキョドったけど。
だって数年ぶりだったんだ。
銀魂と東京喰種!

銀魂予想以上に面白かった。
源外さんの工房から、銀さんが戦艦に乗り込むまでのあのやり取りがアウトだったよね。
でも一番は、新八と変態さんとの会話劇です。
え、それボタンなの? パチンってするやつなの? ってあそこ。
横でまた子さんちょー笑ってますけど。ヤベってなって顔背けちゃってますけど?っていう。


スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 |
2017春コレ①
2017-05-21 Sun 22:50
有言実行の女、裕ですこんばんは
春は色々お出かけするぜ!と言うようなことをここに書いたような書いてないような記憶が、あったりなかったり。
まぁ、寒い内は無理だけど、暖かくなったら活発に動き回ろうと思ってたんですよ。そしていっぱい出掛けて来ました!

というだけの、今回はただの証拠写真お披露目回です。
折角撮ったけど、裕はインスタとかしてねぇしな。写真加工とか面倒でしないしな。
他に見せる機会もないし、ぽんぽん適当に載せるだけです。
一部ツイッターにも載せたんで被りますが。

4.-5月の春コレクションです!

4月初旬、桜見てねぇよ、桜!と思いついて、名所っぽいとこ行こうぜーみたいなノリでチョイスしたのがここ
IMG_0066.jpg
ご覧の通り、一切桜なんて咲いてなかったっていうお粗末さ。
けど楽しかったですよ。ここに辿り着くまでにも結構山の斜面を歩いてかなり良い運動になりました。
この書写山は映画の撮影地だったり、現在サザエさんのOPにも登場しています。
ラストサムライで渡辺謙さんが座禅組んでたのはここだったんじゃないかって裕は睨んでる。
IMG_0070.jpg
ここ。

で、ここに鯰尾坂ってのがあって、友人と二人でそれ発見した時が一番テンション上がった。
そこから止まらない刀剣熱。天下五剣がいつの間にか増えてるよね!
裕は信濃くん持ってないって言ったけど、家帰って確認したら持ってたわ。友人に嘘吐いた。

まぁそれで、次どこ遊びに行くってなった時に、近いから岡山くらいがいいよね。岡山と言えば備前長船じゃねぇか!
長船には刀剣博物館があるらしいぜ!? ネットで確認→倉敷に刀剣美術館があって、そこにいっぱいいるらしいじゃない!
で、倉敷に遊びに行く事に。

美観地区
IMG_01092.jpg
いや、あの、街並みはとても綺麗です。昔ながらのね、風景が広がっててお堀があってね。
が、裕の撮影力が無さ過ぎて1枚もまともに撮れてませんでした。

ここから車でちょっと行った所に刀剣美術館があるんだけど、今まで入館無料だったのに、なんと今年の4月から1,000円になったと知り、二人して尻込み。
まぁ、絶対見に行かなきゃいけないってわけじゃないしね。いいんじゃね?とあっさり諦める二人。
勢いだけで行動するとこういう事になる。

帰りのサービスエリアに売ってるアイスクリームがおいしいよって聞いてたので、それ食べるの朝からずっと楽しみにしてたのに、途中から雨降って激寒になって食べられず。とても心残りです。(刀剣よりも)

お次は~
IMG_0087.jpg
日本が誇る、まうんとふじー!
いつも新幹線の中から車窓にてでしか見た事なかった富士山。
朝4時前起床の、5時出発。それが出来ただけで裕の達成感でいっぱい。
名神、伊勢湾、新東名、と初めて通る高速ばっかで、ジャンクションの度にぎゃーぎゃー言ってた。怖いよねー

いやぁそれにしても間近で見ると迫力がすっげぇですね!感動でした。高速走ってて、急にドーンと現れた時のあの驚きね。
4月下旬に行ったんですが、富士山は桜が満開でとても綺麗でした!
写真だとちょっとモヤってるけど、目で見てるとすごいクリアに見えてた。
が、樹海がまだ枯れ枯れで全く鬱蒼としてなくて、え、あれ、ここ?って感じでビックリ。

帰りは春の嵐、突風がすごくてね。
特に伊勢湾岸で、風に煽られて車が右へ左へとぐらぐらして本当怖かった。行きとはまた違う意味でぎゃーぎゃー言ってた。

前半戦こんな感じ!

別窓 | 日常 | コメント:0 |
ブーム再来
2017-03-20 Mon 14:03

暖かくなってきましたね!
そろそろお出かけの季節だな!と色々計画を練っているんですが。
それとは真逆のブームもまた、裕に到来しています。

漫画。数年ぶりの漫画ブーム。
もう何年も漫画なんてまともに買ってなかったんですよね。持ってるやつもほぼ売っぱらったし。
部屋に物をもうあんま増やしたくない!と思って。
だって収納ド下手だから!物があったらそれだけゴチャゴチャになるんだ!

裕の部屋はパッと見、物少ないんだけど、よく見るとゴチャゴチャしてて小汚いんだ!
押し入れの中なんて見られたら、見た人の記憶消さなきゃ…!ってなるくらいもう、ほんと。

なので、漫画や小説はほぼ買わない。を数年間守っていたわけですよ。
ですが…この掟を破ってしまったんですよね…

ドリフターズのせいで!
なにもかもドリフターズがわるーい!(信長風)

あれで歴史物?っぽいブームがね、大河っぽいのの風がね、ぶわーっと吹いて。
まだまだ吹き続けてて。

取り敢えず、今年に入ってから読んだ作品2つがどっちもヒットだったのでホクホクです。
まぁ、めちゃくちゃ有名どころの人気のやつなんで、外れるなんて最初から思ってなかったけど、やっぱ好みとかあるしね。
いやめっちゃ面白かったわ。
二つとも初っ端からクライマックスだぜ!ってくらいもうすごい吸引力だった。

一つ目はゴールデンカムイ

これはね、知らない人のが少ないんじゃないかと思うくらい有名ですよね。
裕も前々から本屋で良く見かけてた。

砂金で一攫千金を目指して北海道までやって来た、日露戦争の英雄「不死身の杉元」と、アイヌの少女アシリパちゃんが、アイヌの一族が隠し持っていたとされる金塊数億円相当の隠し場所と、そのせいで起った悲劇の真相を探るべく、北海道中を奔走する話。多分!

毎回毎回、アシリパちゃんがアイヌの伝統や文化、食事を事細かに説明してくれて、すごく勉強になります。この作者さんどれだけ細かくアイヌについて調べたの!?ってくらいすごいです。これを読めばあなたもアイヌマスターです。

アシリパちゃんは美少女です。
golden1
でも毎回顔芸がすごい。
golden2

そして食に対するどん欲さがどんどん苛烈になって行く。
熊だろうがアザラシだろうがクジラだろうが、仕留めた動物は余す事なく美味しくいただいてる。
で、毎回脳みそを、すんごい顔する杉元達にグイグイ食べさせるアシリパちゃん最強。

杉元は敵を殺す時は全く容赦なくザクザク殺していくけど、普段はむしろ超優しいよね!めちゃくちゃ常識人だしね!
golden3
出会う男の人達が一度は必ず「やさしい!」と胸キュンしてる気がする。
あと動物の脳みそ食べるとき目が死んでる。

そして気が付いたら仲間になってた、脱獄王にしてただの役立たず、白石が全ておいしいトコ持って行く話です。
golden4

戦いになったら足手まといだから付いてくんなと罵られ、動物狩る罠仕掛けたら尽く引っかかり、ギャンブルでスルわ、アシリパちゃんに折檻されるわ、今後の彼の動向から目を離せません。9巻の終わりがもう絶妙だったよね。
お前さぁ、なんでそんなすぐ窮地に立てんの?誰も何もしてないのに。
そして公式PVに白石が取り上げられてなかった事に爆笑した

それ以外にもみんな個性強すぎるキャラ達が敵味方に散らばってます。
裕は谷垣さん推し、と見せかけて尾形さん好きです。


それはそうと、姉が前から2.3回ほど、やたら北海道開拓とヒグマの恐ろしさについて、無駄なくらい熱心に裕に説明してくれたことがあったんだけど、あれはまさかゴールデンカムイを読んで感化されてたからだったのだろうか、とふと思った。
今度聞いてみよ。


あともう一つ。シュトヘル

これも有名ですよね。
何て説明したらいいのか…簡単に言い表すのが難しい作品ですよね。
西暦1200年ごろ、モンゴルが中国への侵略を押し進めて行っている時のお話です。

モンゴル人への復讐の為だけに生き、悪霊(シュトヘル)と呼ばれ忌み嫌われる女性と、
一方、モンゴルが侵略した国の文字を全て焼き捨てて、この世から消してしまおうとするのに反発して、文字が刻まれた玉版を盗み出して一族を出奔した少年ユルール。

そんな二人が旅の途中で出会って、少しずつ歩み寄っていくんだけど、結局途中で掴まって、シュトヘルは絞首刑にされていまう、と。

一度死んだ彼女の身体には別人の魂、遠い未来の日本の男子高校生スドーの魂が何故か入り込んでしまい、でもそのお陰で彼女はまた動く事が出来るようになる。

スドーは、現世での自分の顔がシュトヘルそっくりだから、彼女の子孫じゃないか。
同級生にユルールと同じ顔した女の子スズキさんがいるから、その子はユルールの子孫だろうと言っていたけど、どうなんだろうね。
まぁユルールは分かるよ。モンゴルの皇子だし、子孫残すわ。でもシュトヘル死んでるよね。
スドーが居るからキョンシーみたいに肉体は動いてるけど、彼女自身は死んでるし子は残せんのじゃないかと思うんだけど…

まあいいか。
この話はもうね、シュトヘル無双発売されそうなくらい、ガンガンザクザク人殺していくね。
ユルールも途中からどんどん人相悪くなっていくよね。逆にシュトヘルが徐々に丸くなっていくんだけど。

それにつけても、ユルールの兄ちゃん、ハラバルさんの漢っぷりよ。
動物の毛皮被って、ちょっとお兄さん虎の耳が!って可愛らしさを身につけた、筋肉気質のムキムキお兄さん!めっちゃカッコいい!
ハラバルとシュトヘルの関係がメチャクチャ好きです。似た者同士過ぎてなかなか分り合えない。だからこそ、13巻のあれはすごい良かった。
メルミちゃんと二人は生き残って欲しい。


ただね、こういう超大作は巻数がかさむ…
そして月刊誌で大版のコミックだと年1.2巻が限度…
おわらない。完結が見えて来ない…という不安に押しつぶされそうになる。
だから漫画買わないようになったってのもあるわ。
ドリフターズはもう諦めてる。
シュトヘルはかなり終盤に差し掛かって来てるような気がするけど。
けど鋼の錬金術師みたいに、終盤から最終話までどんだけ!?って事もあるし。

まだいくつか読みたいのあるけど、終わりそうかどうか確認してから買うか決める。


別窓 | 日常 | コメント:0 |
Battle in a Brand-new World War
2016-12-29 Thu 22:54

現在ドハマり中のドリフターズです。すっげぇこれ好きですわ。
でもどっかで見た事ある感じするなーと思ったら、ヘルシングの作者さんの作品なんですね
漏れなくヘルシングも好きでした。

人類の歴史が始まってから第二次世界大戦くらいまでの、色んな人種の色んな立場の人を異世界に召喚しちゃう話です。

人々に裏切られて、非業の死を遂げたとされる人達は、全員が「人類皆殺し!」な闇堕ち状態で異世界に行き、廃棄物と呼ばれる化け物じみた力でバシバシ国をぶっ潰していきます。

それとは別で、「何で俺ここに連れて来られたの?」状態の人達は異世界に行っても人格はそのまま。自分の意志で自分のしたいように行動して、そんな人たちは漂流物と呼ばれる。
みんなそれぞれやりたい放題するけど、巡り巡って廃棄物と対立する姿勢を取ります。

もうね、滅茶苦茶です。基本、日本と西洋の色んな人って感じですかね。
古代ローマ人のスキピオが、母艦飛龍に乗ったりするんだよ。

物語はとんでもなくシリアスで、安倍清明さんと廃棄物達が必死にシリアスに持って行ってるのに、すぐ漂流物がギャグにしちゃう。

メインの、とよとよ(島津豊久)・のぶのぶ(織田信長)・よいっちー(那須与一)がほぼギャグ要員。
でも戦いになるとみんなすっげぇカッコいい。

とよとよは薩摩の人なので、薩摩弁です。
何言ってるかは分らないけど、言ってる事は分かる。という場面が多い。
彼の擬音語が裕はすごい好きです。

「井戸にたたーん落として、頭突いてやったわ!」とか、
「さぱっと死ね!」がすごい好き。
妖怪首置いてけって呼ばれるくらい、ずっと敵兵の首取る事しか考えてない、島津が生んだ殺人マシーンな彼が好きです。

のぶのぶの
「おっす、オラ第六天魔王!」も好き。
おとよが突っ走るから、意外と苦労をしょい込んでるのぶのぶ氏。
でもたまに、昔思い出して、ものすんごいドヤ顔で敵挑発したりしちゃうのぶのぶが好き。

よいっちーは結構傍観者ですね。
「お手すきか。羽をむしり候へ」と言って、初対面で、尚且つ死にかけのおとよに鳥を押し付けるよいっちーが好きです。

豊久が信長の事を「のぶ」って呼んだりするんだけど、それって普通にすごいよね。日本にいたら有り得ないよね。打ち首ものだよね。

それ以外の漂流者達もみんな良いキャラです。
菅野デストロイヤー直さんもね、「なんだバカヤロー」しか言わないけどいいよね。
ハンニバルさんボケてるけど、たまにカルタゴの雷光っぽくなったりね。
一番の苦労性はスキピオだと思うけど。

けどあれだね、ジルドレさんが卑怯なくらい美味しいトコ持ってった気がしてならない。あの去り方はほんと卑怯だよ。
史実だとマジでヤバい人だけど、それだけジャンヌ崇拝してたって事でね。

次何年後になるか分かんないけど、是非二期やって欲しいです!

しっかしまぁ、今年最後の記事がこれって…
まぁ仕方ない。今マジでドリフターズで頭いっぱいだから

別窓 | 日常 | コメント:0 |
今年の借りは今年中に返さなきゃ
2016-12-13 Tue 16:02

いけないよねって事でね。
夏くらいに、甥っこたちが裕の車のドアに石でガガガーッとラクガキしてくれやがりましてね…
一応笑って、「ああまぁ子供だからねー、やっちゃダメって分かんなかったんだねー」とは言ったけど、謝って許される問題じゃねぇからな。

別に何処に頼んでもらってもいいし、完璧に綺麗に戻って無くてもいいから、取り敢えず直してって兄に頼んでたのにさ、あいつ全然動かねぇの。
いやお前の子どもが仕出かした事だろうがとね。
裕が旅行に行く度に、車のキーここ置いとくからねって伝えてたのに、尽くあいつ直しに行かなかったんだ。

このままやり過ごす気だろテメェそんなの許さないからね?
前の車だったらまだ腹立つけど黙ってたかもしれない。けど、今の車まだ新車なんだぜ?
多分7か8月の話だったんだけど、未だ何も言ってこないので、今年の傷は今年の内にどうにかしないとダメだろう!!って事で、痺れを切らして自分で板金屋行って来た。
支払いはもちろん兄に請求する!
後で修理費高いとか言ってきても知らん!自分で安いとこ見つけてさっさと直さなかったのが悪い!

兄がケチなのは知ってたけど、これはダメだよねー

しかし板金屋さんがビックリするくらい良い人で。本当ビックリする商売する気なしですか!?って言いたくなるくらい良い人なんだ。久しぶりにお会いしたけど、相変わらずでした。

そんな偉そうな事を言ってる裕ですがね…

春、奈良に遊びに行った際にチィちゃんに借りを作ったままズルズルと今まで来ているという、結局似た者兄妹です。

今年の借りは(以下略)
というわけで、無理言ってチィちゃんに時間を作ってもらって、東京へ会いに行ってまいりました!その節は大変ご迷惑をお掛けしました
謝罪をしに行って、接待してもらいました!
なんのこっちゃですね。

いや本当、2日間何から何まで、あそこ行ってあっちで遊んで、あそこでご飯食べて…全部調べてもらっちゃったよ、お前何しに行ったの?と怒られても仕方ないくらい、裕はただぼんやりしてただけでした。

しかも最後にはお土産までいただくという…至れり尽くせりでホクホクして帰ってきました。本来の目的忘れ過ぎ

東京から帰ってきた翌日に、姉家族が遊びに来まして、その時にチィちゃんにいただいたお土産を出したら

「うめぇえ!!」

と大好評で。
ええ、姉家族がほとんど貪り食いやがりました。子供よりむしろ親二人の方ががっついてたわ。申し訳程度に1個ちゃんと置いて帰ったのには笑った。

で、姉にどんなルート行って来たの?って聞かれたので

裕「まず吉祥寺に行って」
姉「きちじょうじ!?なんでわざわざ……」
裕「ジブリ美術館行くから」
姉「ああ」
裕「井の頭公園まで歩いて」
姉「あるいて!?」
裕「ぐるっと一周してジブリ公園行って」
姉「歩きすぎやろ!」
裕「新宿戻ってモノマネ芸人いっぱい見て」
姉「いーなー!いーなー!私もそういうトコ行きたい!!」
裕「二日目は原宿駅から表参道ぐるっと一周して」
姉「……」
裕「明治神宮ぐるっと一周して」
姉「いやだから歩きすぎやろ!!どんだけ歩くん、しんど!!」

裕も結構歩いたなーとは思ってたけど、姉に言わせると狂気の沙汰だそうです。
でも確かに次の日、足の裏痛くなってた。
だから足痛くなりにくいって靴を先日買いました。(遅い)

ほんっとうに楽しい2日間でした!チィちゃんありがとう!
なんかいっぱい書きたい事あったはずだけど、思い出せない!

最近やたらと旅行に嵌っているので、行きたい!って思ったとこはガンガン行こうぜ!が来年の目標。


別窓 | 日常 | コメント:0 |
| la marmelo 日常劇場 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。