あっつい!!!
2016-09-27 Tue 23:24
今まさにじっとり汗かきながらこれ打ってる裕です。
なにこれ、もうすぐ10月だよね!? なにこの暑さ!

てか、え、10月!?

こわいわー、2016年が怒涛の勢いで過ぎてゆくわー
そんな感じでね、えぇとなんだっけ。

先週行ってきましてん、恐竜博物館。
親が行くっていうから「じゃあ裕もついて行くー」てな具合に。
その日が奇しくも、あの大型台風16号が上陸した日でさ。
もうひっどい目に遭いました。どしゃぶりでした。

しかも、朝4時に起きて寝ぼけてる時に

父「高速練習するか?」
裕「んーそうねー、しないとねー」

という会話をしたら(いまいち覚えてない)
駐車場で、「はい」って気軽に車のキーを渡され。

え、は?ってなりました。
いやいやいや、無理ですよ。練習って父親の車で!?

裕「私が高速運転するってんなら、私の車で行くよ!?」
父「ちっさい車は疲れるからあかん」
母「えーいやや、狭い!窮屈!」
裕「失礼な!アクアは5人乗りですー!余裕です!馬力だってそれなりにあるもん!馬鹿にすんなぁ!」

早朝6時に駐車場で親子喧嘩勃発。

結局父親の車を裕が運転する事になりましたよ。頑張ったよ。
あの人のって、裕の大嫌いなセダンなんだよ、車高低いしトランク部分の長さ分らんし。

更に、途中で父親が交代してくれるのかと思ったら、全然だった。
最後まで裕がぶっ通しで運転させられた。ちくしょう

1日目7時間
2日目5時間
計約700キロ

運転したよ!
普段家と職場の往復しかしてない、究極の近距離ドライバーの裕によくこの距離運転させようと思ったな、父よ。
どんだけスパルタやねん。
途中集中力切れるわ、台風で視界悪いわでね、人体も車体も無傷だったのは奇跡だと思われます。

もうね、ワイパー最速で動かしてても全く前見えないってくらいの豪雨の中を高速で疾走出来たので、もう怖いものなしです。


そんな、ある意味恐竜よりも恐怖を体験したわけですが。
面白かったよ!恐竜博物館!

ああ、ここがジュラシックパークか…と
もうすぐしたらここで遺伝子弄って誕生した恐竜が見られるようになるんだね…と

まぁそれは冗談ですが。
こんなもんが本当にかつて日本大陸を闊歩してたのかぁと口をあんぐりさせてみてきました。
めっちゃ楽しかった!

そしてお宿は、ご飯食べてお風呂入って寝た。

慣れない長距離+台風で視界不良で、自分で思ってたより気を張ってたらしく、電池切れたみたいに9時くらいに寝た。

お宿も良かったよー!
なんかね、ネスカフェのコーヒーメーカー? あの赤いやつ。バリスタだっけ?あれが置いてあったんだよ!
裕の憧れのバリスタ!
ずっと買おうって言ってるのに、父親が渋って買わせてくれないバリスタ。
父はなんかコーヒーに変な拘りがあって、自分で淹れたがるんだ。

感動して早速使ってみて、母に飲んで貰った感想が

「うん!インスタントの味!」

だった。言ってやるな。
これは人がやる手間を省いてくれるっていうのが最大の売りなんだから。

翌朝。部屋を出るときに

母「忘れ物ないー?」
裕「んー…、あ、あった!この子(バリスタ)連れて帰るの忘れてる所だった…!」
父「残念やけど、その子は置いてく」
裕「いややーウチで使うんや!」
母「いいんじゃない?それアメニティやろ?持って帰ろう」

という会話をドアを開けっ放しでしてたため、通りかかった旅館の従業員の人にとても微妙な目で見られた。
はははって一応笑ってたけど、絶対内心で「何言ってんだコイツ等」って思ってたに違いない。


それとですね。
裕はこの夏くらいから空前の健康食ブームが到来してまして。
手当たり次第、手を出しまくってます。

ヨーグルト、豆乳、甘酒、干しイチジク、りんご酢、ハニーナッツ

干しイチジクを買ってきた時なんて、兄嫁にドン引きされたよね。
「裕ちゃんが急に健康オタクになったいやぁぁっ!!」と何故か絶叫されたよねー

それもこれも、どんどん腸がね、機能低下して、常にデトックスティーとか薬を飲まないと働いてくれなくなってきてまして。
これはあかんな、と思い立った次第です。

色々試したお陰で、最近調子が大分良くなってきました!
しかし、本当に色々と同時進行しているせいで、何が一番効果があったのかが不明です。
裕は、甘酒なんじゃないかと睨んでいる。

しかし、健康的な食べ物っつーのはな、栄養価が高いということで、つまり高カロリー…

というわけで、裕はここの所すくすくと成長しています。横に。
体重もぐんぐんと増加しています。留まるところを知りません。
ほんとにね、足首ってものが即座になくなりましたね。

体重計に乗るのが怖くて堪らない。

まぁいいんだ、歳のせいか、もう全然体型とか気にならなくなってきた。
取り敢えず、服のサイズが1サイズ変わるくらいまでは別にいいやって思えてきた。今持ってる服が、きっちきちでも何でも着られたら、それでええねん…

20代前半の、絶頂に痩せてた時に買ったスキニーデニムが、入るには入るんだけど、座ってたら破れるんじゃないかってくらいぴっちぴちで、あれは笑った。
立ち上がったら血が止まってたらしく、痺れて気持ち悪くて大変だった。

スキニーって言っても限度があるだろうよって感じで、さすがにあれでは人前に出れない。

でも知ってる。
高カロリーなもの食べても、運動もちゃんとしてればいいだけなんだって事。
更にもっと健康的になれるんだって事。


知ってるんだけどね!


スポンサーサイト
別窓 | 日常 | コメント:0 |
なんかそれなりに頑張ったんだ一応
2016-09-11 Sun 22:33

お久しぶりです。
ちょっと私的に頑張った夏が怒涛のように通り過ぎていてビックリしています。


ふと今年の上半期を思い出してみて、

あ、私、乙女ゲーしかしてねぇ!

と気付いてしまったので、これはあかんやろうと。さすがに人としてどうなんやと。反省してゲームから離れる決心を致しまして。
その代わりDVDを観る事にしました。
え?なに?いや、だいぶ違うよ。掛かる経費的なものが。

いやだって超絶インドアっつーかもはや引きこもりの域に達している裕が急にアクティブになれるわけねぇじゃん。

つーわけで、友人Kちゃんと何となく、ピザパーティーしたくね?
あ、いいね。宅配ピザって食った事ねぇや。
よし買おう!そしてピザと言えばDVD鑑賞だろうやっぱ!と、裕の家でホームパーティー(お二人様)しました。

宅配ピザ美味しいね!けど、ジャガイモの塊が乗っかってんのかと思ったらでっかいニンニクの塊だった事に戦慄が走ったね。あれ口にしてたらヤバかった。
裕は一切手を付けずに、ご家族にどうぞとKちゃんに押し付けて持って帰らせたよ、ひひひ。

しかし、1枚買ったらもう一枚つけてくれなくていいから、1枚目を半額にしてほしい。という正直な気持ちをKちゃんに言ったら、それじゃあ商売にならんのだろうと真面目に返されてしまいました。なるほど。

御誂え向けに、ピザ屋の前がツタヤという、みんなホームパーティー、いやむしろレッツパーリィだろうが!という感じで建っているので良かった。ピザ出来上がるまでの間にDVD探しが出来て。

裕はホラー一択だったんだ。だって夏だし。サスペンスでもいいけどホラーな気分だったんだ。
だけどKちゃんに、ピザ食いながらだったら話半分でも楽しめるようなやつのが良くね?とまた正論を突き付けられ、裕はあっさり自分の意見を捻じ曲げました。

エンターテイメント性の高いやつがいいよね!とペロッと意見を覆しました。裕に信念とかねぇわ。というわけで、借りました。

・アントマン

うん、馬鹿にしてごめんなさい。めっちゃ面白かった。字幕追うのが面倒なので吹き替えで観ました。
裕は全く気付かなかったんだけど、主人公の友人の声が小杉さんだったんだってね。Kちゃんがずっと小杉だよ、これ小杉だって!って言ってるのを、絶対違うと否定し続けてた裕はきっと難聴なんだと思います。

結構ながいこと主人公がアントマンにならなくて、あれ、これヒーローものだよね?変身するんだよね?と不安にさせられましたが、気付いたら立派にヒーローしてたね。
おちゃらけが強いけど、バシッと決めるとこは決めるし、アクションシーンもカッコ良くてヒュウやるねぇ兄ちゃん!って感じでした。

しかし蟻の賢いことよ。あれで蟻って可愛いじゃないかって錯覚しかけました。
特に羽蟻のアントニーが可愛かった。最後に撃ち落とされた時はマジでショックでした。

二人してアメコミに全く造詣が無く、スパイダーマンやスーパーマンですらちゃんと見た事ないってレベルだったんですが、それでもアベンジャーズが出てきた時はちょっとテンション上がったね。つーか主人公が「そういうのはアベンジャーズにでも頼めよ」って言ってたけど、マジで出て来るとは思わなかった。


・クリムゾン・ピーク

ちょっとホラー入った作品、らしい。
幽霊が見える主人公が、結婚してヨーロッパの僻地に嫁ぐんだけど、そのボロボロのお城で様々な幽霊に遭遇して……
クリムゾン・ピークに気を付けて、そう言われたけど。クリムゾン・ピークとはなんぞや?というお話。

お城にいる悪霊に苦しめられる話かと思ったら、生きてる人間が一番怖いよねって話でした。
主人公の父親を殺し、遺産欲しさに結婚。遺産が手に入ったらさっさと主人公を毒殺しようとする旦那……のお姉さんがめっちゃ怖かった。
幽霊は基本的にみんな良い人でした。主人公を助けようとしてくれたり助言を残そうとしてくれたりしてただけで、悪さするようなのはいなかった。

ホラーって感じじゃなかった。
クリムゾン・ピークっていうのは、お城のある場所が、雪が降ると一帯が真っ赤に染まるよって事らしい。そうなったら人里に降りられなくなってお城に閉じ込められるから、そうなる前に逃げなさいねっていう幽霊からのメッセージ。なんという優しさ。


あ、パラノーマルアクティビティ5も見たよ!
なんかねぇ、ああやっぱりなーって感じでした。
どうしてそっちへ行っちゃうかなぁ。悪魔の存在は確かにいるけど、見えないからこそ恐ろしいってのが2くらいまであったんだけど、段々その姿が見えるようになって来たりしてさ。悪魔のアプローチの仕方もジワジワ来るんじゃなくてあからさまだったり、雑だったりで。ううーん……

きっと人気出て予算たくさんもらったからCG使えるようになったんだね。悪魔が視覚化されちゃってもうちょっと興醒めでした。

今年のヒットホラーは残穢でした


しかし今年の夏は暑かったね!
涼しい所に行きたい行きたいと言い続け、はっと思いついたんですわ。

そうだ、銀山へ行こう!

裕の住んでる場所から、高速で北上する事一時間くらいの所に銀山がありまして。
涼しいんだよ、あの中。小学生の頃親に連れてってもらったことあるんだけど、確か常に13℃くらいなんだよね?

またまたKちゃんに同行してもらいまして。行ってきました、死のドライブへ。
いやドライバー歴はそれなりに長いんですが、近距離専門なもので、高速なんて片手で足りる程度しか乗った事ねぇんだわ。

親には「いつでも携帯繋がるようにしとくから、何かあったらすぐ連絡してきなさい」とえらい心配されました。

でも裕はやってやったぜ!無事故で行って帰ってきたよ!銀山と道の駅も立ち寄ってきたよ!

銀山は涼しくって楽しかったです。中はすごい冷っこくって良かったんですが、如何せん一歩外に出た途端に現実に引き戻されて辛かったのなんのって。
しかも外の山道をひたすら上がって行った先に湖があるとか言うから、頑張って山道も上ったさ。

なにこれ、裕達いつの間にアウトドア派になったの?と遠い目をしつつ。
しかも結局半分くらい行った所で力尽きて、湖を観ずにUターンして帰ってきたっていう。もう一度涼しい中に入って身体を冷やしてから山を後にしました。


道の駅って楽しいよねー。珍味がいっぱいあった。
裕は普通に牛肉のメンチカツを食べたんだけど、Kちゃんがチャレンジャーなもんだから、鹿肉のコロッケ食ってた。普通に美味いって言ってたけど。

そして裕は見つけてしまったんだぜ。

ねぎアイス

あーこれテレビで見た事ある!夕方の情報番組でやってた!
食ってたアナウンサーが

「うん、ねぎ!」

ってコメントしてたやつだ!と大はしゃぎの裕。しかし手には取らない。
その横で買おうか買うまいか只管悩むKちゃん。

もう二度とここまで来る事ないかもよー、もう金輪際お目に掛かれないかもよーと唆した罰は下りました。

さぁって帰りますか、と車に乗り込んだ直後、徐にアイスを取り出したKちゃんがアイスを差し出して来たのです。

え、いらないよ?Kちゃんが買ったんだから、Kちゃんが食べなよ。と押し返したけど、押し返し切れず、一口いただきました。

「うん、ねぎ! あ、アイス。いやでもねぎ!」

そんな感じでした。アイスも来るけど、結果ネギでした。後味めっちゃネギでした。香ばしいアイス。
合わないとは言わない。食える。けど、二度買うかと言われれば二度目はない。そんな感じの味でした。


仕事の方も、一週間ばかし外回りとかして、裕は一皮むけました!大人の階段を一つのぼりました!と上司に言ったら失笑された。

いやもう、あのお盆の死ぬほど照りつけてる太陽の下、炎天下の中日中ずっと外ウロウロしてたんだぜ。
最初行けって言われた時は、この人は裕に死ねというのか、と本気で思った。

もうね、裕は本気出した。気合を入れまくったよ!UVケアにね。
裕は普段一切日焼け止めとか塗らない人なんですが、この為に新しいの買って、ベッタベタに塗りたくって仕事に挑みましたとも。
もちろん化粧なんてしません。ノーメイクで会社行ったよ☆どうせ一瞬で汗で落ちちゃうし、下手にファンデとか塗ると、汗ぬぐう時気遣うじゃない?

1日目こそ、スッピンで会社って有り得ない……とそわそわしてましたが、2日目ともなればもう平気。
スッピンですがなにか?とむしろ誇らしげでした。

なんかいっつもと顔色が違う、と言われようが、疲れてるように見える、と言われようがへっちゃらです。

しかしね、ポカリ1リットル飲んでも1回もトイレに行きたくならないっていう、あんな驚異的な汗の掻き方したのは生まれてこの方初めてでしたね。
ほんと、岩盤浴でも行ってきたの?ってくらいぐっしょりでした。

そして見事に肥えた。1週間で2キロ太った。あんだけしんどい思いをしたというのに。
もう一生外回りなんてしないって心に決めたけど、今月もあるらしい。

なんで!?先月だけって言ったくせに!嘘吐き!
私に対するいじめだと思っている。


そして裕の部屋のネットがマジで使い物にならなくなってて、無線も有線もダメで泣きたい。
居間に移動して来てコソコソやってるんだけど、誰かやって来ないかとヒヤヒヤしています。


別窓 | 日常 | コメント:0 |
| la marmelo 日常劇場 |